kaduki’s diary

しがない女オタクがしょうもないことを書く

逢瀬 二回目

どうも女オタクです。

最近暗い記事ばかりだったでしょ?だから今回も暗いと思うでしょ?気が滅入るよね~~

でも大丈夫!!!!!!!今回はハッピーな記事です!!!!!!!

Twitterを見てるかたはまぁ想像がつくでしょう。

そう、1月に会ったレズビアン風俗のゆづきちゃんに会いに行ってきました!!!!!!!

関連記事はコレ

 
初めての風俗初めての女の子 - kaduki’s diary

 

前回とちがうのは、ただ女の子に会いたいだけじゃない、『ゆづきちゃん』に会ってきたってことです。

前回同様めちゃくちゃのろけます。

致してるところも書きます。

同担拒否の人大丈夫ですか?!地雷かもしれません!!!!!!!

思い出しながら書くので話が飛んだりしますけど許してね!!!!!!!

 

 

さて、某日ゆづきちゃんに会ってきました。

その日の服装は前回同様、真っ白コーデでした。Twitterさくらんぼのスカートアップしてるので気になったら見ていいですよ!

ちなみに白コーデにも意味があって、ゆづきちゃんの色に染めて貰いたい、というのももちろんですが、

真っ黒なゆづきちゃんを真っ白な私が真っ暗を連れて歩いてたら、暗くならないし、

真っ白な私が辛くて暗くなったら、ゆづきちゃんの真っ黒が優しく包んでくれるでしょ?

って感じですテヘペロ

これをゆづきちゃんに話したら「発想がいちいち可愛いな~~!」って言われました!!!!!!!やったね!!!!!!!

めちゃくちゃ中二病みたいな理由だけどね!

今回はちゃんと遅れないように待ち合わせ場所に早めについて、待ってたら来てくれて

ぶっちゃけて泣きました。えぇもちろん。

泣いてる女と笑顔の美少女が歩いてる絵面はは多分めちゃくちゃ面白かったと思いますがめちゃくちゃ嬉しくて嬉しくて泣きました。

この日のために生きてた~~!!!!!!!みたいな!!!生きてて良かった!!!!!!!

 

ホテルの前にお夕飯を食べて、今回はちゃんとお店予約したからすんなり入りましたよ!!!

お肉がめちゃくちゃ美味しかったんですが、ゆづきちゃんという美少女を目の前に食べるお肉が特に美味しかったです!!!うめぇ!!!!!!!

そのあと、ホテルにいきました。

今回はなーんと!とあるホテルの最上階VIPルーム!!!!!!!

部屋に入ってめちゃくちゃ探検してたら段差で踵を怪我しました!!!!!!!前回の教訓で、(一応)痛くならない(と思っていた)靴をはいて言ったのにまたホテルに絆創膏を頼むことになってわしは………申し訳ねぇ………

ガッとぶつけて血が出て、ゆづきちゃんにめちゃくちゃ心配させてしまって申し訳ねぇです………おっちょこちょいのスットコドッコイで本当に申し訳ねぇ………

そのあとはなんとなく、すごいひろいへやだったからのんびりして、煙草をスパスパ吸って御風呂に。

のんびりしてたり、煙草吸ってるときは、待たせてるかな?暇かな?とか思ったりしたけど、そんな時間もめちゃくちゃ幸せで、ずっと一緒に居たいなぁって染みるほど感じました。

お風呂はまた泡ぶろにしたんですけど、めちゃくちゃ泡立ってw泡に埋もれましたw

お風呂出て、またゆっくりしてたら唐突にゆづきちゃんが、「ひざかわい~~!」ってつるつるしてくれて~~!

ひざかわいいとか初めて言われたわ!!!!!!!嬉しい!!!!!!!

この日からひざもチャームポイントに追加しました。

でも、のんびりしつつもイチャイチャして、本当に幸せ………幸せだったなぁ………

そしてのんびりしたけど、致しましたw

そろそろしよっか!って言われて舞い上がったよね………!

そしてお約束の、「寒い?」に対して私はすっかりスットコドッコイで素で「全然大丈夫!」って言ったら脱がされましたよね~~!w

お約束だわ~~でもそういうとこも好き………!!!!!!!

それから、キスするのかな?ってじーっと待ってたら、「待ってるね?」とニヤニヤされてうおおおお焦らされてる!焦らされてる!!!!!!!もちろん待ってましたよ!!!!!!!

顔が近づいてきて、あっキスする…って目を閉じたらまた焦らされてて~~!

そういうとこも好き~~!!!!!!!!!!!!!!

一度キスしたら、そこからはもう沢山キスをしてもらって、耳に特にちゅっちゅっってしてくれて、自分が耳が弱いことをこの日知りました………めちゃくちゃ………気持ち良かった………めちゃくちゃ喘いでしまった………

うるさいぐらいヒンヒン喘いでる私を見ても、可愛いって言ってくれて余計!!!感じるから!!!

胸とかもすごくジックリ………されました………しゅごい………

下も、「前回は指でイったよね?でも舐めていいかな?」とかまぁ勿論でございますよ………

とにかく何もかも気持ち良かった………

結局また指でイカせて貰いましたが!!

でも今回は、一度イった後にも舐めてもらって………死ぬほどいきました………

私は実は一度イくとずっとその快感が身体に残るタイプで、死ぬほどビクビクしてしまってまた心配させてしまいました………

でもすごい、足の爪の先から頭のてっぺんまで気持ちいいっていうのが満たされて溢れだしてしょがなくて、堪えきれずに身体が震えるって感じで、とにかく気持ちいい………すき………って満たされました。

ってしてたら股を拭いたら血が出ててうわこりゃゆづきちゃんのテクで女性ホルモンめちゃくちゃでちまった!!!!!!!ってw

不正出血みたいなもんなんですけど、思わずゆづきちゃんに「血がゆづきちゃんについてない?!」って確認しちゃいました。

ついてなくてよかったー!!!!!!!!

その日も手を繋いで寝ました………と思うでしょ?スットコドッコイは安定剤忘れて眠りにつけずに、一度起きてビールの力を借りて寝たので手を繋ぎながらは寝ませんでした!!!!!!!

えーん!!!!!スットコドッコイ!!!!!!!

 

ただ、朝起きたらゆづきちゃんが先に起きてて、頭を撫でながら起こしてくれたのがすごい、目を覚ましたいけどこのままさらに眠りたい………ってなってこれが幸福………ってなりました。

ただ夢は「ネックレスを買いに行くと必ず殺されてループする」という夢で何回も違う死にかたで殺されてたんですけどね!!!!!!!!

でもそれを話したら、「もう殺されないからね」ってゆづきちゃんが言ってくれて………バタバタなんかしました。心がね!

 

そして今回の一大イベントは、ペアネックレスを買う!ことでした!!!!!!!

同性カップルがアクセサリーを買うのは4℃が接客が良い、とネットで見たので4℃で買いました。

店員さんがめちゃくちゃ丁寧にものを、沢山出してくれて二人でうんうん考えて選びました。一生の宝物です。

ネットでの女オタクの名前は架月、そしてゆづきちゃん、と言うことで名前に月がお互い入ってるんですよね!!!

だから、名前に絡めて三日月のペアネックレスを買いました~~!詳しくはゆづきちゃんのTwitterみてね!!!

この日ほど架月という名前をつけて良かったと思う日はないでしょう!!!!!!!

 

小学二年生の女オタク!!!よくやった!!!!!!!

趣味良いってゆづきちゃんに褒めてもらえたよ!!!!!!!

架空の月って意味でつけてたけど、架空でも意味がある名前になったよ!!!!!!!

偽物の月って思ってたけど、偽物でも、それでも褒めてもらったよ、架月は幸せだよ。架月って名前をつけてよかったよ………

 

それから喫茶店で、つけあいっこして、プリクラ撮って、幸せを噛み締めて

お別れの時間になっちゃって、駅の目の前で号泣。

とにかく寂しくてもっと一緒に居たくてしょうがなくて、一億円当たらないかと真剣に思いました。全部ゆづきちゃんに使ってすぐなくなっちゃいそうだけど、もっと一緒に居たくて

あ~~~~会いたいよ………すき………

最後の最後まで泣き顔でバイバイしちゃったけど、ゆづきちゃんは可愛いって笑顔でバイバイしてくれて、ほんっとそういうとこ大好き………好き………

とにかく幸せいっぱいな日でした………

 

 

そしてちゃーんと、次も会う約束をしたんだな~~!

8月が誕生日の女オタクは8月にゆづきちゃんとのペアリングを買うと心に決めてましたが、更に追加して結婚式を、しよう!と決めました!!ゆづきちゃんもオッケーしてくれてもうめちゃくちゃ予定たてるのが楽しみ!!!!!!!

二人だけで、ウェディングドレスを着ようねって約束しました。

二人だけの結婚式で、神様に誓えないし、書類とかも無いし、結局風俗でしょ?って言われてもなにも言い返せないけど、

でも二人だけで、結婚式がしたくて。

ゆづきちゃんのウェディングドレス姿がみたい。指輪交換をしたい。誰にも祝福されなくていい。それでも、私はゆづきちゃんと結婚式したい。

 

 

8月に向けて楽しみなこともあるからまた死ねないですよー!!!!!!!これで死んだらこの世に漂ってしまうわw

結婚式の予定や指輪とか、色々あるので死ねません!!!!!!!ゆづきちゃんとの結婚式を一生の思い出にして大事に抱えて抱いて生きていきたい。

 

私は生きてたい。

そう思えたのは本当にゆづきちゃんのおかげです。

大好き。大大大好き。愛してる。

また会える日を楽しみに生きていきます。

今日の夜は痛い

女オタクです。

今日この頃ずっとつらい。仕事もままならず全然はたらけない。いまも寝れなくて薬を追加して泣きながら効くのをまってます。

季節の変わり目だから?雨だから?もうようわからんのですがとにかく、痛い苦しい辛い

 

辛くて辛くて辛くて辛くて辛くて辛くてなにをすれば救われるのかを考えて死に飛び込んでしまいたくなる。

死がないと生きていけない。死が安息の地だから駆け足で急ぎたくなる。

でもそうもいかない。

なんにしろ社会復帰したらいろんなところから期待とか欲とかが私を押し潰しにかかってくる。

 

今日、というか昨日は母親がバスツアーに行こうと言い出して、嵐山まで行ってきましたけど最初からもう知らない人間がこのバスの中に詰め込まれてると考えた瞬間にパニックが発生してとにかく帰りたい帰りたいと泣いて困らせてしまった。

とにかく帰りたかった。いますぐ私を殺してくれって思った。

帰ってきたときはとにかく安心して、旅行がどうのとかどうでも良かった。

でもこんど寝るとなったら何一つ上手くいかなくて、薬、薬、薬、でもこれに頼ったら明日は仕事にいけないのでは?

仕事にいけないなんてもう価値がないのでは?せっかく、せっかく雇用してもらったのに。どうして上手く行かないの

どうして私の心は言う通りにしてくれないの?!?!?!?!?!?!

とにかく、不甲斐なさと出来の悪さに辛い

痛い。

自分で自分に棘を刺しつづけてる

やめたいのにどうして

うまくいかないのは誰のせいなの?

わたしのせいならどうして私はうまくできないの?!

腹立たしい。

私なんて嫌い。だいっきらい

生きるのが苦しい。逃げたい。でもどこに逃げればいいかもわからない。

助けてほしい。

だれもどうにもできない。

私のせい。私が悪い。だからなにもできない。寝ることさえできない。あくびは出る。眠いとも思う、なのにどうして寝れないの??!

焦燥感でいつまでも自分を傷つけて嫌いになって、でも結局次の日はくるんです。

来てほしくない。

もうだれにも顔を会わせたくない。

つらい。

 

 

今日の夜は痛い

ダイエットにて癇癪を起こすの巻

女オタクです。最近更新がけっこう多いでしょ?なんだかんだ見られてると思うと書きたくなっちゃうんです。だって承認欲求の塊だから。

ところで女オタク今目をダイエットしてます。年明けにも話しましたよね…でもそのときより更に肥ったんでマジでやってます。

基本的には炭水化物抜きで豆腐とか野菜多く食べて、一応お肉も。お肉が美味しいのが見に染みてます。味が濃いのが恋しい…

 

そう、そして昨日は癇癪を起こしたんです。

だって姉にめちゃくちゃ頑張ってるのに肥った?とか言われたから。最高にムカついてそのあとは悲しくてこれ無駄かな?とか思い始めたり。

ダイエットしてるのよ!っていってる人には肥った?とか言っちゃだめですよ。絶対ですからね!!!!!!!

 

そう、で癇癪を起こしたのはなんでかなーって話です。

いや、普通に肥った?って言われても今までだったらんなわけないじゃーん!って軽く笑い飛ばせたはずなのに。なんでだろう。

ダイエットって、案外厳しいなって思ってます。だって食べ物減らして運動して、で今は仕事もダブルワークで、なんか、おっつかない…って感じで…

結構キツイ。

しかもなんか…正しいかわからない…でも頑張らないと…みたいな。

 

で、思ったんですよね。でもこんな気持ちになるのは私が精神的に参ってるからだって。

なにが参ってるかって、頑張ってるのに頑張ったと認められないからなんですよね!!!!!!!

誰が認めてくれるのかわかんないけど、頑張ってるね!って言ってほしいんですよ!!!!だって頑張ってるんだもの!

でもね、むかし母親に言われたことあるんですよ。「努力は影でしても努力したと認められない。私は知らないから努力したなんて思えない。」って。

いやもうこれトラウマね。影で頑張っても無意味なんだもん。いみない。

頑張ってても誰かに見ててもらえないとなかったことになってしまう。

 

まず、努力ってなんなんでしょうね。

一人で頑張ってても努力なのかな?成果を認められたら努力なのかな?

人に見られない影の努力って、みんなしてるはずなのに、それを表に出さない、だせないのはなんでなんだろう?

頑張ってるって思ってるんです。でも思ってるだけじゃ誰も認めてくれない。

なんだかとっても理不尽な気がする。

 

みんながみんな、頑張ったよ、頑張ってるよって軽い話のように出来て、それに頑張ってるね、すごいねって返せるようになれればいいのにな。

そんな世界はいつかおとずれるのかしら?

たった一言、頑張ってるねお疲れ様。

その一言で報われる人がたくさんいるはずです。その一人もわたし。

でも誰も言ってくれないから。悔しいと言うよりは悲しい、のほうが強いな。

 

だから私は私に頑張ってるねお疲れ様って心で話しかけてあげます。

今日も1日お疲れ様。いっつもがんばってて偉いよ。きっと、大丈夫。 

 

みんなも、お疲れ様。頑張ってるね。すごいね。無理しないようにね。

こうやって、いつか優しさに溢れた世界になることを願ってやまないのです。

ペットから人間になりたい

おっすオラ女オタク!元気にしてるか!

なんだかんだこのブログもえれぇ人がみてくれてるよぉでオラたぁまげた~~!!!!!!!

前座はこれぐらいにして女オタクです。なんかブログはよくわかんないけど通知切ってます。でもたまに見るのでブクマとかしてくれてありがとうございます!!!!!!!

最近はオタク話より家庭内不全の話ばかりですけどね!

でも姉ともこの間FF15について話して、まだプレイしないの?とか聴かれましたがかなりアレはトラウマになってるのでプレステ4をつけることすらままなりません!!!!!!!ノクトォオオオオオ!!!!!!!

 

さて、本日の本編ですが

ペットから人間になりたい

です。

わーい。今まで女オタクは人間じゃなかったフレンズなんだね!!!!!!!

じゃねーよ!!!!!!!

 

最近の最悪な時間潰しはなんと毒親の本をKindleで買って読むことです。

わはは、こんな本よりはマシだ!って読んでたんですけど、もしかして?いやもしかして…いやいや…うそだろ…って気持ちになってきてるので整理みたいなもんです!

まぁみんなも心が穏やかな時に読んでね。

私も少しずつ葛藤しながら書きますので。

お付き合いくださいませ。

 

 

 

我が家はもしかしなくとも家庭内不全

まずここからですね。

我が家は家庭内不全です。これは確実に言えます。しかも共依存体質。だからいつまでも一緒にいようねって感じです。

結婚したら隣の空いてる部屋にすめばいいよ!と母に言われたときはなんかもう呆れて言葉も出ませんでした。

さて、なんで家庭内不全になったのかなーと思ったんですがどう考えてもこれ

父親が不倫して家から出ていった。

ですな。

しかも我が父親ながらかなりの糞で、出ていくときは一家に一台しかない車と通帳印鑑ぜんぶもっていきやがりました。

わーい大変だー!

ちなみにこの時私は小学3年生程度かな。

ここまでなるまでに中々の不仲っぷりを見せつけられました。

母親が父親に包丁投げつけてるところとか、母親が身投げしようとして引き留めるところとか、まぁいろいろ。

父親は糞だとおもってますが、それでも父親です。

ある意味父親とは距離が開いてるので対して問題にはなってません。糞は糞なりに生きてるし、たぶんこの父親は父親になれなかったんだなって。

最初は本当に裏切られた気分で。私たちを捨てていった…なんて思いました。その通りなんですけど。

今、思い出すと結構すごいことしてたんですのよね、ご飯を作らず子供だけを家に残し女のほうにいくとか、家電屋に行くって言うからついてったら女の人がいたとか。

頭があんぽんたんな子供だったのでなかなか気づかなかったけど、いま思えば最悪じゃねーーーか!!!!!!!父親への鬱憤でここまで書いちまったぞ!

 

まぁ問題はそのあとですよね。

母親はODしたり車で事故しようとしたり?なんかもうとにかく家はめちゃくちゃでした。

そのときに、私たち姉妹はアダルトチルドレンになったんだと思います。

姉はケアを担当、私はペット担当。

日々の生活の基礎は姉が変わりにやってくれたりして、もちろん手伝うんですけど私はペット担当なのでじっと待って、美味しいご飯をありがとう!って役がありました。

それから毎日母親にこんないいことありました、お母さんと一緒に居られて幸せです!みたいな話をしたりして。

夜になると情緒不安定な姉が静かに寝ている私の手を握りに来るので、たいへんだねぇって抱き締めあってました。

姉はこの頃中学生になってたので基本的なことは把握してました。だからやるべきことを見つけ出して率先してやっていたんです。

私はというと、よくわかんないけど家が壊れた。だから前みたいにしよう!と無意識にやってました。そう、無意識に。

これが後々続くんですよね…

 

 

ペットどころか要らない子供

高校時代は学校では穏やかに過ごしてました。外面をよくするのはお手のものだったので。

でも家庭内は一旦落ち着いたところから更に崩れ始めました。母親にとんでもねぇストーカーがついたのです。

これによって皆が精神ぐずぐず。

そんなときに不満が重なれば母は大爆発です。大爆発したときのことはよく覚えています。

「本当は子供なんてほしくなかった!でも父親のほうが欲しいって言うから産んだのよ!でもなにもかも捨てやがった!女オタクちゃんなんて一人っ子じゃお姉ちゃんが可哀想だから産んだのよ!あんたなんていなければいい!父親のところにでもいけ!!!!!死ね!!!!!!!」

以上です。

最高に傷つきました。

私が生まれてきた理由は姉のため、父のため、対して喜びも薄い。なのに惰性で産んだ、みたいな。そう感じちゃったんだよね。

更に捨てられた父親のほうへ更に捨ててやる!みたいな気持ちが見えてしまって。

そのときは泣いて謝ってお母さん大好きなの、だから一緒に居たいの、ずっと一緒がいい!とか泣き叫んでいました。

それが何時間か続くと母がしょうがないなぁみたいな顔して、嘘だよ愛してるよ大切だよって語りかけてくるんです。

だから、よりいっそういい子にしてないと母親に捨てられるって気持ちと、愛してもらってるんだ。という謎の安心感に入るんです。

もうそこからはまたペット。母親の機嫌をとって、私はお母さんと一緒に幸せよってアピールするんです。

必要ないって要らないって言われるよりはペットのほうが何倍もマシだから。

母親にペットとしか愛されなくても、愛されない方がもっとつらいから。

 

 

姉は理想の道、私はだれかのための道

姉は大学に行ってました。私立の理系。

姉は元々大学に行きたいって言っていたし私も大賛成でした。留年するまでは。

ここでまたもや家庭内がガタガタしはじめるんですよね。

一度壊れたものって、元通りにはならないし、不格好ですぐ壊れるんです。だから何度でも繰り返してしまうのです。

ぶっちゃけて私もやれるなら美大にいきたいと思ってました。でも姉の留年でパァ

でも、それでも私は姉が好きだったので姉を優先させてしまうんですよね。

っていうかペットですから。

ペットより人間を優先するの当然だからできないのは当然か~~~みたいな。

私はそうして高卒で仕事を始めるのです。

仕事も対して好きじゃありませんでした。パワハラセクハラ常習犯みたいな社長だったし残業代つかないし。

でもそれでも頑張ろうって思ったのは、家族のためでした。

姉は大学にもう一年多くいく、母の収入だけではきつい、なら私が稼げばいいのだ!みたいな。

なにをするにも家族が一番の最優先事項にはいってて、それから抜け出せないんです。

お母さんを幸せにしないと、姉に楽をさせないと、みんなを笑わせないと!

でも仕事も責任があるから放り投げられなくて結局入院までして。

それでも、そのときは母親がすごくやさしくてまたお母さん大好き~~!ってなっちゃうんですね。

 

 

私壊れる

前に何回か書きましたけど、そこから転職してWebデザイナーとして働くことになって、最初は楽しかったんです。本当ですよ。

でも私って人間は自らの幸せのために動けない人間になってたんです。

だから会社に求められるがまま、だれかのためになる、会社のためになる、お母さんのためになる!と強く真剣に働いたんです。

なのに今度は身体でなく心が壊れてしまったのです。

そのときの記事は他に書いてるんで適当に見てやってください

 仕事を辞めた話 - kaduki’s diary

ズタボロ雑巾になって私の心のコップが割れたんですね。ガッシャーン!!!!!!!

 

そこからは、地獄でした。

 

 

働けない私=無意味

働けなくなった私はもう、無でした。

なにをするにも辛い、死にたい。

最初の頃は心配してた母親ももう飽きてきて今度は怒りになるんです。

でも、こういうときってなんていうか、内面を建て直してるから外側までてが回らないって感じで。ほんとうはそっとしておいてほしかった。

でも母親はそういうときに爆弾を落とすんですよね。

「ずっと家にいるのになにもしないの?本当に病気なの?家事ぐらいやってほしいのよ、コッチも貴方を養ってあげてるだけで精一杯。住まわせてあげてるのよ!」

言われて嫌なことばのオンパレード

家事ができたら仕事にもいくわ。元気を取り戻りつつある私なら言い返しちゃいそう。

でもそのときは本当にショックで、見捨てられたら生きていけない、なんとかしなくちゃ…ってなるんですよ。

でも精神疾患抱えてるやつですよ、そんな考えじゃ止まりません。

いや、生きてる意味ないのでは?いまの私はお母さんにとって無価値なんだ、じゃあ意味がないなら、死んでしまえばいい!

そこから自殺のオンパレードを試してみたりその寸前で止められたり。

居なくなれ!と私にすぐ言うのに、いざ死のうとしてると必ずや止めに来るんです。

どうすればわからなくてイライラと不安で死にそうで。

でもそれが変わったのはカウンセリングのお陰だと思います。

 

 

カウンセリングで泣いている自分をみつける

長年付き合ってる婦人科の先生の勧めによりカウンセリングを始めたのは7月ぐらいから。

最初は仕事とのこととか、毎日が辛いとか。そういう何気ないことを話すんです。でもいつの間にか家のはなしが出てきたりして、ちょっと不満を言ったんですね。そしたらイメージワークをしてみようって。

え、必要なのか?と思いつつやりました。

すーーーーっと心の底に降りていく感じで内面の自分と向き合うんですね。

まず最初に現れたのは黄色い変形自在のトゲトゲした形で、私をよく刺してくるものでした。

そいつの話をじっくり聞くんですね。そうすると、そいつがこういうんですよ。

「もっとお母さんのそばにいて誉められるように復帰しなきゃ!いい子にするの!」

って。そこでピーンと来たんです。こいつは、中学生入学当初の私なんだって。

中学生のときは特に家族に拘っていたのでそういう面になったんですね。

 

そこから先に目を向けると、崖の手前に青白い球体がいたんです。

こいつにも話しかけました。そうすると返ってきたのは

「どうしていい子じゃないと愛してもらえないの?ただ産まれてきてくれてありがとう、うれしいよって言ってほしいだけなのに、それさえも言ってくれない。認められない。悲しい、死んでしまいたい。」

こいつはよく見ると小学3年生ぐらいかな?の私。まぁ家庭内が不和をおこしたときと同じくらいの年齢ですね。

今にも飛び降りそうなそんな私。

どこかに動かしてやろうとしても全然動かない。こいつテコでも動かねぇぞ!!!!!!!

しかも泣いてる。号泣。音もなく。つられて表面の私も泣いちゃってそれからはもう一緒に号泣して

そうだよね、つらいわ。私辛いんだわ…

ここでやっと私が生きてることに対して悲しみを感じました。それまでは生かされてるって感じでした。生きてるじゃなくて。

生かされてるから悲しいとか辛いとか別次元だったんですよ。

やっと、私は私の生に感情を持つことを覚えたのです。

その感情は大事に綺麗な箱に入れておきました。

まぁ崖からは動かなかったから崖の目の前に箱があるっていうシュールな感じになりましたがね!!!!!!!

 

 

ペットから人間になりたい=わたしという人間を大事にしたい。

結論はこうなりました。

つまり私はやっと自立したいと思えたのです。いままでのペットじゃなくて、ただの一人の人間として人生を歩みたい。娘と見られたい。そして認められたい。

認められるのはきっと難しいでしょうね。ちょっと諦めも入ってます。

でも現状ではもう厳しいです。認められずにペットとして生きていくのはもういいです。

私をわたしという人間を大事にしたい。

そのためには恐らく母親からすこし遠ざからないといけないかなって思ってます。

未だにどうしても身体が動かなくて働けない日もあります。

なにもできない日もあります。

でも自分は一度壊れてしまったから今まで通りなんて無理です。再構築中です。

だから本当はそういう所もまとめてワタシなんだってわかってほしい。

母親からの承認だけじゃなくて、他人からの承認でも満足して私を大事にしたい。

そんな風に、生きていきたいのです。

 

 

 

ところでまだ夜の仕事おわってませーん!!!

戻ります。

どうか私、泣かないで。私は頑張ってるわ今も。

だから大丈夫だよ。

初めて男と身体を交えた

こんばんは、女オタクです。

明日は仕事だ…ちょっと憂鬱ですけどがんばります。

この間、キャバ体験しにいったらWebデザイナーとして雇われそうって話をしましたけど、結果そうなりました。こっちは夜メインでいい感じの時給だし、まぁ、いつの間にか採用されてて面接かな~~って訪ねて行ったら颯爽と仕事させられて時給も発生しててすごいわ~~って感じです

 

あ、本題なんですけどね、親友から発展して恋人なった人がいるんですよ。

そいつは本当によくできたやつで、私がオススメしたセーラームーンも全部見て泣いてハマってくれたし、ハガレンもハマってくれたし、コスプレにも一緒にやってくれるようになって、こんな、ほんとすごくいいやつなんです。私にはもったいないぐらい。

で、そいつとセックスをしたんですよ。

最初はどうするのかわからないし、ムードもくそもなくて、でもヤったんですよ。

とりあえず、なんていうのかな、私って男とでもできるんだ!入った!!!!!の達成感が大きくて、そのときはいかがでしたか~~?なんてインタビューもどきしたりして

 

でも気づいちゃったんです。

私すごく可愛くなかったなって。

相手と終えたあと、あっシャワー!水飲みたい!タバコ!みたいな感じで

これ女でよくある不満の一つの、したあとにそっけないってやつじゃね?

これで良かったのかな?!って今さら鬱になってきて、

そいつは本当にいいやつなんです。

キスも下手も言えば下手だったけど、私のことを好いていてくれるんだなって思ったし、無理なこともしなかったし、本当に、いいやつなんです。

私にはもったいないぐらい。

だからこそ、不安で。

私なんかで良かったのかな?!これでいいのかな???????????なんか、ムードとか、アフタートークとか、やるべきことあったんじゃないかな?って

 

なんで、私でいいのかな?

機能不全起こしてる家の女だし、精神疾患持ち出し、ビアン風俗にも行くし、

なんで私を選んでくれたんだろう?私でよかったんだろう?

私より、私が生まれたことを感謝してくれた人がいることに驚いてしまって。

終わったあとに、ありがとう、生まれてきてくれてありがとう、って行ってくれたんです。

それだけでなんだか感動してしまって。

私より私を大切にしてくれる。いい、本当にいい人。

わたしよりも素晴らしい人がたくさんいるなかで選んでくれたのは、なんで?

 

そんな感じで鬱になってきてしまって。

本当はこんなこと書くのもよくないと思ってるんです。わかってるんです。

でもこの不安をどこかに書かないとどうしようもなくて、

なんて私はダメなやつなんだって落ち込んじゃうんです。

そうして、薬を飲んで寝れるようにって。

 

でも、選んでくれて本当に嬉しいんです、

ありがたくてしょうがなくて、こんな私のことを愛してくれて。

居心地がよくていつまでも一緒にいれる。

私が生まれたことを、肯定してくれる。

こんな人そうそういないってわかってるんです。でも、不安で。

 

あるはずのない不安を抱えている。

そうして、今日も夜がふけていくのですね。

 

 

おやすみなさい

キャバ体入してみた

こんばんはこんばんは、女オタクは薬も飲んであと寝るだけ、明日は仕事があります。

なんとなく明日が仕事ってだけで憂鬱になるんですけど、私みたいなメンヘラは必要とされるということに弱い人間なんです。

必要とされる人間=価値のある人間みたいな方程式が頭のなかに有ってそれか私を苦しめます。

それから最近気づいたんですけど、女オタクは完璧主義なのでは?と思い始めました。なにごとも120%の力で…みたいなところがあって、それも治さなきゃ?とは思うんですけど中途半端は大キラいなんですよ。

 

 

ところで本題はキャバ体入したって話なんですけど、土曜日にしてきました。

日払いでお金が貰えるってだけで次も頑張ろうってなれるのは人間のサガですかね。

面接とか受けたんですけど、ウケはよかったです。 真面目な見た目キャバはなんかいい感じに見られましたね。真面目で生きてきてよかったなぁとは思いました。

それから4回ぐらいヘルプでつかせてもらってすげー焦ったんですけどなんとか乗りきりました。

苦手なタイプの男性が居なかったってのも大きかったですね。

土曜日だったし、スーツの一人も少なくてありがたかったです。

基本的作業はまぁ、なるほどな~~って感じです。今後も役に立つことを教えてもらえたので勉強になりました。

それで明日も行くんすよ。なんか気に入られたのかな?でもオーナーさんにはまさかのWebデザイナーとしての引き抜きをされそうです。それも面白そうだし今の所より時給いいんで考えてます。女の子の画像修正は最高に好きなので楽しみですなぁ。

あと、すごい驚いたのがあんまり化粧は濃くなくていいんですな。びっくりした。

おっぱい多くみせたのはかなり高得点だったんじゃなかったかな~

でも20~24までで6500円ぐらいのお給料でした。もう少し高く欲しかったけどまぁ、そんなもんかな。

今後の働きに期待しておきます。

 

あ、もしこれ読んでる方で行きたい!ってかたがいたら千種の池下アルベージュで働いておりますんでぜひ来てね。源氏はゆづきにしたのでゆづきで指名お願いしまぁす🎵

 

これからキャバとして働くのか、キャバのWebデザイナーになるのか、昼を続けるのか、なやみどころなんですよね。できれば全部働いて金がほしい。

生きていくためにも、ゆづきちゃんに会いに行くためにも、お金は大事ですから。

頑張って金を稼ごうと思います。

キャバは結構面白かったのでそれはそれでアリだなって思ってるので心配しないでください。

気楽に構えてるし、辞めたくなったら即辞めるんで。

 

今日もお疲れ様でしたー。

あしたもがんばろーーー!

鬱な自分に家族は必要なのだろうか?

みなさんお久しぶりです。女オタクです。

前回のビアン風俗の話がバズり過ぎて笑いました。みんな女の子大好きですね!女オタクも!!!!!!!

そんな女オタクはビアン風俗に通うために遂に仕事を初めました。やったねー!!!

と言っても二月からだし週に3~4日の6時間勤務なので対して働いてないかもしれません。

ただ、一言言いたいのはこれは私にとってとてつもない、すごくすごく大きな一歩です。やっと前を見て、立って足を踏み出した大切な一歩です。

それを与えてくれたゆづきちゃんには足を向けて寝れないほどです。(方角わかんないけど)

私の世界にやっと一本の光の道が現れたようでした。ほんとうに、ほんとうに。

まぁだからこそ家族により出鼻を挫かれた女オタクは家族に多大なる不安と不満を抱えてます。わーいこれが今日の本題だよ!

 

 

 

事件が起こった

そう、それは私が働き初めてまだ二日の夜でした。木曜日、金曜日と久しぶりに働いて同僚のゆるふわ物理ガールの相槌によくわからん社長の自慢話をへぇ~で乗り切り、早速と言われサーバーメンテナンスをし終わったその金曜日です。

いやもう疲れるでしょ。半年以上ほぼ引きこもり!みたいだった女オタクが二日もちゃんと仕事した。やばい。一般人への切符を切ったばかりやったねーー!!!って感じでした。

裏切られましたけど。

 

疲れて軽く残業して(残業手当はつくよ!やったね!)家に着いたらそりゃ倒れこみます。まず布団。誰とも会話したくない。勤務中はアドレナリンが出るのかサッサッと動けるのにオフになった瞬間鬱が来ます。

仕事もっとはやくやったほうがいいかな、愛想悪かったかな、なんでゆるふわ物理ガールあんなにしゃべれるんだろう、私も喋らないといけないのかな、でも話題ないな、ひきこだったからな、もうなんかつらい…

こんにちは鬱!!!!!!!

私の鬱は人見知りなので他人のいる場所では早々出ません。かわりに賢者タイムに入ると寄り添い初めます。困るね。

いつかも書いたと思いますが、こういうときはなにをしても辛いです。とにかく辛い。つまり寝るしかない。寝ました。

 

そして母親の怒鳴り声で起きたのでした。

なるほど?よくわからん。

 

とりあえず母親の言い分としては家に帰ってきても全員寝てる!夕飯作る気を無くした!!どうしてくれるの!!!!!!!

らしいです。

なるほど?よくわからん

 

それからハイパー愚痴愚痴モードになるんです。

そしてグサグサと鬱な私に言葉のナイフを差します。

こんなことなら働く意味なんてない。どうして言うことを聞かないの、悪い子に育った。必要ない。生む予定なんて無かった。家に住まわせてやってるだろう。飯も私が作ってやってるんだ。育てた金を返せ。家から出ていけ!!!!!!!

あぁ…いま羅列した以上のことも言われましたがもう思い出すだけで辛くなってきたので辞めます。泣いて死んでしまいたい。今でさえ死んでしまいたい。

 

今まではたらけって言ってたのは母親。悪い子に育ったのはなぜかはちょっとよくわからない。生む予定なかったらなぜ生んだの。住まわせてやってる?飯を食わせてやってる?そんなに要らないならなんで早く捨てないの?お金なんて治療費とかで消えるよ、ねえ、そんなに要らない子なの?????

とにかくぐるぐると闇が渦巻きます。

そうこうしてる間に追い討ちの「なんでなにも言わないの?!?!?!?!?!」あーーーー無理ですーーーーーーー。言う言葉なんて見つかるわけないじゃないですか…

言い返せたらいいんだろうな、でもどうしてもできない。誰かに痛い言葉を言う私が嫌いになってしまうから。そしたらもっともっと私が私を嫌いになって死んでしまいたくなるから。

傷つける言葉を吐く私が大嫌いなんです。だから傷つける言葉を言いたくないんです。だから喧嘩だってそうそうしないし、怒鳴ったりするのは稀です。言い返す練習もしてないからいざというときに言えない。言いたくない。

でも、でもそこまで言うことある?ねぇ、お母さん、辛い。傷ついた。酷いよ。それぐらい言えばよかった。そしたら今でもこんなに苦しんでいないのに。

とにかく母親の愚痴を全てわたしの闇が渦巻く腹のなかに溜め込み、母親がスーパー無視モードになるまで耐えて、そしてその日はただひたすら放っておかれました。

ひとりで、声を出さずに泣きました。

姉も居ますけど姉は母親に言い返して火に油って感じなので味方って言うよりは敵に近いのかな…まだ私へ傷つける言葉を言わないだけ安全なだけです。

とにかくその日は辛かった。私としてはよく頑張ったねって言ってほしかったんだとおもいますよ。でもね、まぁ儚き夢でした。

とにかく辛い辛い辛い死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい。

母親はどうして殺してくれないんだろう?始末してくれないんだろう?それさえも甘えなのか?好きで生きてる訳じゃないのに?どうして、どうして…

 

 

 

救いの女神はやはり可愛い女の子

とにかく辛くて布団にくるまって、なにか言いたいってTwitterを開いた私。そこには私の救いの女神ゆづきちゃんのツイート…

そうだ、わたし、ゆづきちゃんに会いたいから仕事しようとしたんだ。ゆづきちゃんに会いたい一心で、ゆづきちゃんに会いたい。会いたい。死にたくない。まだ会いたい…

なんと言うことでしょう!!!!!!!女オタクは死にたくないと思ったのです!!!!!!!

みなさん、これはすごいことなんですよ!!!!!!!

我々の選択肢はまず

  1. 死にたい
  2. 死にたいけど面倒
  3. 面倒

なんですよ!!!!!!!それがまさかのまさか!

  1. 死にたくない
  2. 死んだ方が楽なのでは?
  3. 面倒

になったんですよ!!!!!!!すごーい!!!!!!!女オタクは死にたくないフレンズになれなんだね!!!!!!!

ここで颯爽と起き上がりリア友にLINE。

 

私:親と喧嘩した

友:家出よう

私:金を返せと言われた

友:1000年後に返すって踏み倒せ!!!!!!!

 

おお友よ、あなたはなんて潔いのかしら。これでスッキリ憑き物が落ちたようにそうだ!家から出ていこう!!!!!!!と前向きになりました。金は踏み倒します!!!!!!!

因みにこの友もかなりの美少女。仕事には恵まれない女オタクですが美少女には恵まれる。この世は素晴らしい。

 

 

スッキリしても結局悩む

スッキリ憑き物が落ちたようにそうだ!家から出ていこう!!!!!!!とか決意しましたがなんだかんだモヤモヤとするのです。

ただ、永遠と、このまま出ていくだけで終わりでいいのか?出ていけるのか?仕事は?お金は?

姉に軽く話してもお金がないから無理だって一言で片付けられました。いやまぁ、そりゃいますぐはね…

でも、カウンセラーの女医さんにお話しして、やっぱり離れた方がいいのでは?という結論にはたどり着いたんです。

私のことを一番守ってくれたのは母親でした。それは精神疾患を患ったときもです。

でも、一番私を苦しめたのも母親でした。

小さい頃手を繋いであるいてくれた。でもすぐ迷子になる私を警察に届けられるまで探してくれなかった。

バレエを習わせてくれた。でも送り迎えのときいつも愚痴を言っていたね。

MDプレーヤーを誕生日プレゼントにくれた。でもそのMDプレーヤーを投げて壊したのはお母さんだったね。

どうしても苦手な食べ物があったときフォークを投げてきたよね。

父と離婚したとき私の目の前で自殺しようとしたよね。

まるで私をペットのように扱って愛玩器具みたいにしたよね。

なのに産みたくなかったって何度も私に言ったね。姉を生んだから二人目もしょうがなくって私に言ったね。

育ててやったっていつもいってるけど、やりたくないならやらなくてよかったよ。私死んでもよかったよ。

住まわせてやってるって言うけど、そんなに嫌いなら今すぐ追い出してくれていいんだよ。

ご飯もそんなに苦痛なら作らなくていいよ。わたし食べなくても大丈夫だもの。

必要ないなら、どうか殺して。

 

でもね、私とってもお母さんが好きなのよ。わたしどうしてもお母さんが好きなのよ。

だからお母さんに認められたくて高校もお母さんの選んだ学校に行ったし、迷惑になりたくなくて大学にも行かなかったし、認められたくて認められたくて頑張ったねって一言でもお母さんに言ってほしくて。

私はただのペットじゃなくて貴方の娘なんだよって認められたくて。

でも、わかってくれないんだね。

もうね、声を出すのは疲れたよ。泣くのもね、疲れたよ。毎日が息が詰まる海の中のようで。

家族ってなんなんだろう?

私を一番守ってくれるのは家族だった。なのに一番傷つけるのも家族だった。

沢山守ってくれるけど沢山沢山沢山傷つける。

それなら、私に家族は必要なのだろうか?

私がこんなに苦しんでいてもわかろうともしてくれない、ひたすらスマホゲームしてる家族は必要なのだろうか?

10守ってくれても、100傷ついたら90は痛いよ。それなら家から出て、10傷ついてもいいから一人で生きていく。

その方が迷惑にならないんじゃないかな。

 

結局、私は私のために出ていく、というよりは、母親のために母親が困らないように母親の目の前から消えたいだけなのかもしれない。

いつまでも母親が私の承認欲求の中心にいて、母親に認められたくてしょうがなくて母親のために動きたくなる。

これからも家を出ても永遠と母親に囚われて生きていくんだと思う。

でもそのなかで少しでも自分の気持ちを優先させるために私は家を出るのがいいんだと納得させてる。

家を離れるのは、母親から離れるのは苦渋の決断だということはわかってほしい。

母親にはわからないかもしれない。家を出るときにまた傷つくかもしれない。それでも私は私を大事にしたい。

ゆづきちゃんに会いたいから。

私は私に自信がほしい。母親から認められなくても大丈夫になりたい。

でも怖い。

 

今日もそう考えて苦しみながらこの決意を鈍らせないようにここに書き込み薬を飲んで寝る。

いつか、幸せでも不幸でもない、ただ平穏な日が訪れることを私は望んでいる。

その日々に家族は必要なのだろうか?

わからないけどやってみないとわからない。

 

あぁおやすみなさい。喜びの記憶だけで生きていけたらいいのになぁ。